アクアの下取り価格 5年落ちと色による査定価格はいくら

下取りは必ず一括査定サイトを使いましょう!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では50万円に
なることもあるのです!

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が上がります。

アクアの下取り価格についてお伝えしていきます。

しかし、アクアの下取りと言っても5年落ちだとか色による違いで査定は大分変ってきます。

なので今回は

  • アクアの平均下取り価格
  • アクアの5年落ちの下取り価格
  • アクアの色による下取り価格

についてお伝えしていきます。

スポンサードリンク

アクアの下取り 平均価格

アクア下取り平均額・・・45.8万円

2011年に発売されたアクアは低燃費、低価格と使い勝手のいい車です。

その為発売された当初の2011年モデルであっても相場からマイナス10万円程度の売却額が期待できます。

まあ、言ってもまだ発売から10年も経っていない新しい車ですからよほど、ボロボロにでもなっていたり、ぶつけてしまって直しようがないという事でもない限り値段が付かないなんて事はないでしょう。

そうなると次にやるべきことは「いかにして1円でも吊り上げるか」ですね。

中古車市場は変わり続ける

そうは言っても上記の下取り額というのはあくまでこの記事を書いている2019年2月の話。

中古車市場は変わり続けています。

今の金額が1ヶ月後にも同じなのかと言われたら私はちょっと自信はありません。

それだけ水物だという事です。

それにアクアは発売から8年経ったという事で2019年春ごろにフルモデルチェンジが噂されています。

本当にフルモデルチェンジされたら今までの車の下取り額がガクッと下がる事になるでしょう。

そのまま旧型アクア⇒新型アクアに乗り換えるのなら良いでしょう。

しかし、他の車に乗り換える予定があるのならフルモデルチェンジされる前に車を手放しておかないと次の車を買う時に資金がない!なんて事になりかねないですよ。

スポンサードリンク

アクア 買取よりも下取りが安いのはなぜ?

買取よりも下取りが安い理由は2つ。

  • 複数の買取店が競合する
  • 査定額の基準が細かい

特に大きいのが複数の買取店が競合する事ですね。

いわゆるオークションですから査定額が吊り上がる時はガンガン上がっていきます。

また、細かく装備やオプション、色などによる査定基準が細かいのでプラス査定要素が多いと言うのが買取店の特徴です。

一方、下取りはそれぞれの販売会社の中で下取りの基準表が存在します。

それによって下取り価格が決まります。

ここで重要なのが中古車相場と連動していないという事。

中古車相場とは完全に切り離されていて独自の基準で決められてしまうから相場よりもかなり下になる事が珍しくないんです。

従って違うメーカーのディーラーに下取り依頼をしてみたら査定が全然違うなんて事もしばしばです。

また、買取が基本プラスに査定していくのに対して下取りは基本、マイナスに査定していきます。

どういうことかと言うと、一つ例を挙げてみます。

査定基準が50万円の車があったとします。

その時の買取店と下取り店の車の見方はこんな感じです。

~買取店の場合~

ビジネスマン

お、このカーナビ最新式のナビだからポイント高いですよ

~下取り店の場合~

残念ビジネスマン

この車、不人気色だからマイナスポイントですね

こんな感じで見方が結構違います。

これに加えてオークション形式でもある買取店の方が査定が高くなりがちなのは当然かもしれませんね。

アクアの色による査定額の違い

アクアは他の車よりもカラーバリエーションが豊富な車です。

色によってあまり大きな差がつかない車種の1つでもあります。

しかし、やはり査定額は白、黒が人気ツートップです。

アクアに限った話ではありませんが、長く乗り続ける事になる車は大人しめの色を選ぶ傾向が多いので色の基本となる白、黒に需要が固まります。

大体ですが、不人気色と比べて5~10万円くらい違ってくるでしょう。

また、白、黒には及ばないですが、シルバー、青も良く見かける色なので需要は高いです。

反対に不人気色となるのはオレンジ、イエロー、赤と言った派手な色です。

一部の方には人気ですし、赤ってむしろ良く見かける色だからもっと査定額は高くなっていいんじゃないの?と思われるかもしれませんが、中古車市場の事を考えたらマイナスになってしまいます。

アクア 下取り価格は5年落ちだといくらになる?

アクアの5年落ちの下取り価格の相場は以下の様になります。

40万円

2013年のグレードLのアクアですが、下取りシミュレーションで調べた所、上記の様な結果となりました。

ちなみに3年落ちの下取り価格もまとめて調べてみた所、61万円の下取り結果となりました。

ちょっと低くないですか・・・(゚Д゚;)

残価率40%を切ってしまっています。

残価率とは

新しい物を買ってから経過した年数を算出した掛け率の事

後述しますがこれを買取価格に照らし合わせて見てみると残価率は40%以上になっている事が多いです。

つまり、この結果から何が言えるのかと言うと、下取りは損をするぞ!という事です。

買取価格だと5年落ちはいくらになる?

一方の買取価格ですが上記でも説明した通り、査定ポイントが細かいので走行距離、色等から見ていきます。

グレードは全部廉価モデルであるLグレードになります。

年式モデルによる買取価格の違い

5年落ちモデル 45.7万円

先程下取りが40万円が相場とお伝えしましたが、それよりも6万円近く買取価格が高くなっています。

もちろん、これは基本ですのでここから走行距離や色、修復歴と言った色んな要素が加わって決まるので必ず買取価格が高くなるわけでもないですけどね。

走行距離による買取価格の違い

走行距離 買取価格
5万キロ 32.5万円
10万キロ 28.2万円

一般的に1年間の車の適正走行距離は1万キロと言われているので5年落ちで5万キロというのは適正の走行距離だと言えます。

なので、5万キロの方がいわゆる一般相場と言えるかもしれませんね。

一方、過走行車と言っても良い10万キロの方はそれでも買取価格は28.2万円と中々健闘しています。

ものすごく単純に考えたら倍近く消費しているので買取価格だって倍くらい違っていてもいいもんじゃないの?と思われるかもしれませんが、買取相場だとそれよりも年式の方を優先しているのがわかります。

色による買取価格の違い

人気色(ホワイト、ブラック、グレー、ブルー) 73.4~79.9万円
不人気色(グリーン、オレンジ、水色) 69.0~73.6万円

不人気色の上限額が人気色の下限額と言う感じになっていますね。

もちろん、人気色のうちでホワイト等は追加料金の必要だったパールホワイト等もありますからその分加算されたのかなーなんて思いますけどね。

しかし、それを差し引いても人気色の方が市場に出回っている台数もかなり多いです。

それだけ市場が欲している色ですし、売り手側からしても売りやすい色なんだと思います。

その結果がこの価格差になっているのかと思ったら当然かもしれません。

アクアの下取り価格相場、色、5年落ちによる違いまとめ

アクアの下取りについてまとめましたが、これはあくまで参考例。

実際に出してみたらその時によって下取りが変わっているなんて事も日常茶飯です。

人によって同じアクアでも消耗具合が違ってきますし色や走行距離もパーツも違います。

なので、実際に下取り価格を知りたいのであればやはり実際に持ち込んで下取り価格を調べてみるしかありません。

しかし、お伝えしたように下取り価格は基本的に買取価格よりも下になる事が多いので、交渉をするにも予め自分の愛車の価値を知っておく必要があります。

そうでないとディーラーに「買取店では○○円でした!この下取りでは安すぎて下取りに出せません」と伝える事も出来ません。

そうならない為にも事前に愛車の買取価格を知っておきましょう。

ネットの一括査定なら1分くらいの簡単入力で愛車の価値がわかりますから今のうちに調べておいて下さいね。

⇒ネットの一括査定で愛車の価値を知る

車を高く売りませんか?
一括査定の卑劣な爆電…
辛いのにまた使うの?

「新車が欲しいのに給料安いんだね…」
「結局販売店の下取りで済ませるのか…」
「もういい年なんだから頼りにさせてよ…」
「男のロマンって、現実逃避じゃないの?…」
「一括査定だと非人道的な爆発的電話が怖すぎ…」

あなたは至極の裏ワザを知らずに悩み罵られ…
世間や家族にも恐れをなしたまま…ではございませんか?

あなた以外にも同じ悩みを持つ方が多々おられるんですよ…。
しかし、当サイトがあなたの悩みを払拭すると約束します。

ユーカーパックなら電話は本社のみ・査定場所指定OK!
交渉不可が悪いのではなく、そもそも仲介が本社のみなので
高額買取&安全重視なら本当に1番オススメです。

あなたの車がディーラーの下取り額で20万円だとしても
ユーカーパックなら80万円になることもザラにあります。

指定希望額に満たなければキャンセルして頂いて構いません。
私が推すユーカーパックにはそれだけの自信があります。

今すぐご売却を決める必要はないかもしれません…
とは言っても…

あなたの車は時間の経過と共に価値が下がり続ける…。
値下がりする前に、まずはお気軽に無料お申し込み下さい。