下取りは必ず一括査定サイトを使いましょう!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では50万円に
なることもあるのです!

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が上がります。

新型アルファードのフルモデルチェンジっていつになるのでしょうか?

2015年に現行の30系が発売されてから4年になりますが、そろそろフルモデルチェンジが囁かれても良い頃です。

そうなると気になるのは一体フルモデルチェンジはいつになるのか?

そもそも予定はあるのか?という事ですよね。

結論から言いますと新型アルファードのフルモデルチェンジは2020年だと思っています。

その理由をお伝えすると共にフルモデルチェンジによる変更点を予想していきます。

スポンサードリンク

アルファードのフルモデルチェンジが2020年予定である理由

冒頭でお伝えした新型アルファードのフルモデルチェンジが2020年である理由ですが、これはフルモデルチェンジのサイクルから予想しました。

これまでのアルファードのフルモデルチェンジの変遷は以下の様になります。

  • 初代アルファード・・・2002~2008年
  • 2代目アルファード・・・2008~2015年
  • 3代目アルファード(現行)・・・2015年~

初代のアルファードが6年、2代目が7年続きました。

2代目の方は年数上は7年なのですが2008年の5月~2015年1月となっているので、6年半ちょっとって感じですね。

ここでアレ?と思ったのが冒頭でお伝えした2020年にアルファードのフルモデルチェンジされると言うのはおかしくない?と思った方もいると思います。

だって、2020年に発売されるとなったら6年経たずにフルモデルチェンジという事ですからね。

これまでの事を考えたらちょっと早いと思ってしまいます。

しかし、ここで他の要因も入ってきます。

日産エルグランドのフルモデルチェンジが2019年に行われるから早まった

実はアルファードのライバルである日産エルグランドが2019年にフルモデルチェンジされるという噂があります。

フルモデルチェンジされると真新しさから売れるのは間違いありません。

しかし、車は一度買ってしまうとそんなに頻繁にポンポン買い替える物ではありませんから呑気に構えていたらアルファードがフルモデルチェンジされても買う人が少なくて赤字になる可能性だってあります。

仮にこれまでのアルファードのフルモデルチェンジがサイクル通りに行ったとすると2021年の7月になってしまいます。

ライバルから2年も遅れてしまったら流石に売れ行きも悪くなるでしょうね。

しかし、1年なら何とかなるかもしれません。

なので、フルモデルチェンジのサイクルを早めてアルファードもフルモデルチェンジをしてくると予想します。

スポンサードリンク

新型アルファードにフルモデルチェンジでの変更点予想

燃費は良くなってほしい

アルファードに限った話じゃないんですけど、ミニバンって大人数の為の車ですから大きいし重いんですよね。

だからハイブリッドでもかなり燃費悪いです。

今の30系だってハイブリッドでも18.4km/L、ガソリン車だと10.4~10.8km/Lしか走りません。

イヤ、これだって他のミニバンから比べたら頑張っているとは思いますよ?

でも、もうちょっと良くなればいいなぁとは思っています。

TNGAプラットフォームにより走りは間違いなく向上

走行性能に関しては間違いなく向上するでしょう。

その根拠がTNGAプラットフォームです。

2018年に発売された新型クラウンで採用されてキビキビ動くようになったのはこのプラットフォームも要因に1つとなっています。

そして、4月発売予定の新型RAV4にもTNGAプラットフォームが採用される予定となっています。

この流れから今後発売される車はTNGAプラットフォームが標準採用されると思いますので新型アルファードも走りは向上する事でしょう。

安全装備はいつものToyota Safety Senseが採用

安全装備は最新のToyota Safety Senseが採用されるでしょう。

アルファードのコンセプトが高級サルーンである事を考えるとボディタイプは違いますがクラウンと同程度の装備がないと納得できませんもんね( ̄▽ ̄)

単眼カメラとミリ波レーダーによる衝突回避、クルージング機能など、今のクラウンで使われている安全装備は標準装備になると予想しています。

また、最近のトヨタと言えばT-Connectです。

困った時にトヨタとコンタクトを取れるのは大きいですし、安全に運転する為にあったらありがたい、他のメーカーにはまだない大きな要素だと思います。

なので、アルファードにも付くのは間違いないでしょう。

アルファードのフルモデルチェンジの時期まとめ

新型アルファードについてフルモデルチェンジの時期はいつになるのかをまとめましたがいかがでしたでしょうか。

もちろん、これはあくまで予想なのでフルモデルチェンジはもっと遅れるかもしれませんし、そもそも予定自体がまだないという事もあります。

ただ、今回ご紹介したライバル車のフルモデルチェンジに代表される様な色々な要因があるのでフルモデルチェンジされる可能性は高いと考えています。

今後、新しい情報が入ったら追記するか、新しい記事を投稿しますのでお待ちくださいね。

アルファードを少しでも安く買いたいという方必見!

50万円の値引きをする為の裏技について解説しているので高すぎてアルファード買えない!という方は試してみて下さい。

⇒アルファード 値引きで50万円下げるには 限界交渉レポート

車を高く売りませんか?
一括査定の卑劣な爆電…
辛いのにまた使うの?

「新車が欲しいのに給料安いんだね…」
「結局販売店の下取りで済ませるのか…」
「もういい年なんだから頼りにさせてよ…」
「男のロマンって、現実逃避じゃないの?…」
「一括査定だと非人道的な爆発的電話が怖すぎ…」

あなたは至極の裏ワザを知らずに悩み罵られ…
世間や家族にも恐れをなしたまま…ではございませんか?

あなた以外にも同じ悩みを持つ方が多々おられるんですよ…。
しかし、当サイトがあなたの悩みを払拭すると約束します。

ユーカーパックなら電話は本社のみ・査定場所指定OK!
交渉不可が悪いのではなく、そもそも仲介が本社のみなので
高額買取&安全重視なら本当に1番オススメです。

あなたの車がディーラーの下取り額で20万円だとしても
ユーカーパックなら80万円になることもザラにあります。

指定希望額に満たなければキャンセルして頂いて構いません。
私が推すユーカーパックにはそれだけの自信があります。

今すぐご売却を決める必要はないかもしれません…
とは言っても…

あなたの車は時間の経過と共に価値が下がり続ける…。
値下がりする前に、まずはお気軽に無料お申し込み下さい。