下取りは必ず一括査定サイトを使いましょう!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では50万円に
なることもあるのです!

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が上がります。

10年落ち、10万キロでも下取り、買取で高く売れる軽自動車ってどんな車?

そもそも買取してくれるの?ボロボロすぎて買取してもらえないのでは?という方もいるのではないでしょうか。

なので、今回は

  • 10年落ち、10万キロの車は買取、下取りは可能なのか?
  • 高く買取してくれる車の条件
  • 高く買取してくれる車の具体例

についてお伝えしていきます。

スポンサードリンク

10年落ち 10万キロ 下取り、買取は可能か?

10年落ちで走行距離が10万キロを超えていたとしても買取相場で値段が付いている車というのはいっぱいあります。

まずは買取相場で検索してみるのが一番です。

⇒買取相場で愛車の金額を確認する

今のご時世、買取業者というのはめちゃくちゃたくさんありますからね。

買取実績だけを見てもこんな感じです。

ただ、同じ10年落ち10万キロ車と言っても状態は様々。

100%値段が付くとは限らないですから、まずは買取相場で検索してみるのが一番ですよ。

⇒買取相場で愛車の金額を確認する

スポンサードリンク

10年落ち 10万キロ 買取で人気のある車の条件

同じ10年落ち、10万キロ車でも買取人気のある車と無い車というのがあります。

では、人気のある車というのはどういう車なのかご紹介します。

既に絶版している車(旧車)

既に新しく作られていない車というのは場合によってはいくらお金を出しても手に入りません。

車に限った話ではなく、デニムパンツや絶版本等、ビンテージと呼ばれる物の中には定価の数倍~数十倍の値段になる物がある事は良く知られています。

車の場合は経年劣化などで金属が腐ったり錆びたりもあるので一概に買取金額が高いとは言えませんが、だからこそメンテナンスがしっかりと施された旧車は希少性が高くなり、より高値で買取されるようになります。

ただし、絶版車だったらなんでもかんでも高いわけじゃなくてあくまでも人気車です。

不人気車は別に高いわけでもありません。

傾向としてMTのスポーツカー、名車と言われる様な車である事が多いです。

パーツにも価値がある車

ボロボロの廃車寸前の車であっても個々のパーツ自体はまだまだ使えるという事は少なくありません。

その場合、パーツだけを取り外して他の車のカスタムに使ったりすることはよくあります。

従ってカスタムされやすいジャンルの車のパーツというのは需要がかなりあります。

例を挙げるとスポーツカーやSUVですね。

スポーツカーは運動性能を高める為に剛性を上げるパーツ等は好まれますし、SUVだとリフトアップなんかは定番のカスタムですから。

なので、使えるパーツが取り外せるからという理由で10年落ちだろうが10万キロだろうが買い取ってくれる事が多いです。

海外で需要のある商用車

10年落ち、10万キロを走った車はもう廃車寸前だとか言っているのは実は日本くらいです。

海外では20年、30万キロとかを普通に乗っていき、壊れて動かなくなるその時まで使い続けます。

普通車でそれくらいなのですから仕事で使う商用車などは尚更ですよ。

私もインドに行った時に思いましたが、向こうは乱暴な運転をする事が多いです。

車同士が正面衝突して潰れるとかならまだしも軽い接触事故程度だったらぶつかったと認識していないんじゃないか?と思う位に誰も気に留めないんです。

その為、ちょっとくらい傷があろうが塗装が剥げていようがへこんでいようが海外では全く問題ありません。

場合によっては傷なしの車と買取金額が変わらないなんて事もありますから普通に買い取ってもらえますよ。

10年落ち 10万キロ 軽自動車

スズキ・キャリイ


引用:スズキ公式サイト

軽トラと聞いたらこの車を思い浮かべる方も多いはず。

新車でも最安値で100万円を切る価格と荷台の使いやすさ、収納力の高さで人気の商用車です。

農家の方であれば1台くらいあるのではないでしょうか。

「ボロボロになったからそろそろ買い替えを・・・」と考えている方はこういう車はあなたが思っている以上に高く売れますよ。

ダイハツ・ハイゼットトラック


引用:ハイゼットトラック公式サイト

こちらも代表的な商用車です。

燃費も良くてグレードによっては4WDも備えているので買取サイドからしたら高く売れる条件が揃った一台だと言えます。

スズキ・エブリイ


引用:エブリイ公式サイト

広い荷室サイズを誇り、余計な物がないシンプルなインテリア。

上記の2台は軽トラでしたが物によっては屋外に出しておけない荷物もあるはずです。

そんな場合に有効なのがエブリイの様な車です。

実際、私が以前働いていた所ではエブリイを「動く物置」として使っていました。

ダイハツ・ハイゼットカーゴ


引用:ハイゼットカーゴ公式サイト

こちらもエブリイと同じ用途の軽自動車です。

荷室の広さ、燃費の良さに加えて色も7色と商用車の割には色の選択肢が多い珍しい車です。

デザイン性にもこだわった車だと言えるでしょう。

ダイハツ・コペン


引用:コペン公式サイト

国内では唯一だったと思いますが、リトラクタブル(電動式)ハードトップを持つ軽自動車のオープンカーです。

軽自動車はエンジンは非力ですがとにかく軽い為、ドライビングフィールが良い事が多く、スポーツ性を感じるのに最適な一台と言えます。

その唯一性から一定の需要があり続け、買取金額も高くなる傾向があります。

スズキ・ジムニー

2018年に約四半世紀ぶりにフルモデルチェンジされたジムニー。

軽自動車でありながら悪路走破性はトップクラスなので、ガチのSUVユーザーからも高い評価を得ています。

新型の人気がすさまじく、納期も1年以上かかるくらいですが、だからと言って旧型の人気が低いわけでもありません。

そもそも20年以上も続いたモデルなのですから、変える必要がないくらい需要があり続けた証明でもあるので、買取金額は一様に高いです。

ダイハツ・タント


引用:タント公式サイト

軽自動車のファミリーカーとして売れているタント。

ドアの所のピラーが無いってめちゃくちゃ使いやすいんですよね。

ファミリーカーとして使わなくても商用車としても使える位ユーティリティ性が高い車です。

10年落ち 10万キロの軽自動車は必ず買取に出そう

ここまで10年落ち、10万キロの軽自動車も売れる、買い取ってくれるという事と人気車種などをお伝えしましたが上記の車に該当しなくても買い取ってくれる可能性は高いです。

しかし、下取りだと値段を付けてくれない事がほとんどですから売るなら必ず買取に出すようにしましょう。

じゃないと損してしまいます。

おすすめの車買取サイトはかんたん車査定ガイドですね。

とにかくチャチャっと車の情報と自分の情報を入力するだけで査定ができますからね。

後は電話がかかってくるのを待って査定日に実際に査定士に見てもらって売るっていう流れですからシンプルです。

「かんたん車査定ガイド」の名前に偽りなしだと思います( ̄▽ ̄)

まあ、複数の買取業者に競ってもらうのでガンガン買取業者から電話がかかってくる事だけが難点ですが、最近使ってみたら昔よりも減っていましたからかなり使いやすいと思いますよ。

もちろん、無料で査定してもらえますよ。

車を高く売りませんか?
一括査定の卑劣な爆電…
辛いのにまた使うの?

「新車が欲しいのに給料安いんだね…」
「結局販売店の下取りで済ませるのか…」
「もういい年なんだから頼りにさせてよ…」
「男のロマンって、現実逃避じゃないの?…」
「一括査定だと非人道的な爆発的電話が怖すぎ…」

あなたは至極の裏ワザを知らずに悩み罵られ…
世間や家族にも恐れをなしたまま…ではございませんか?

あなた以外にも同じ悩みを持つ方が多々おられるんですよ…。
しかし、当サイトがあなたの悩みを払拭すると約束します。

ユーカーパックなら電話は本社のみ・査定場所指定OK!
交渉不可が悪いのではなく、そもそも仲介が本社のみなので
高額買取&安全重視なら本当に1番オススメです。

あなたの車がディーラーの下取り額で20万円だとしても
ユーカーパックなら80万円になることもザラにあります。

指定希望額に満たなければキャンセルして頂いて構いません。
私が推すユーカーパックにはそれだけの自信があります。

今すぐご売却を決める必要はないかもしれません…
とは言っても…

あなたの車は時間の経過と共に価値が下がり続ける…。
値下がりする前に、まずはお気軽に無料お申し込み下さい。