スペーシアを安く買う方法 値引き交渉と限界実例

下取りは必ず一括査定サイトを使いましょう!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では50万円に
なることもあるのです!

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が上がります。

スペーシアを安く買う方法として真っ先に思いつくのがディーラーとの値引き交渉という方は少なくないと思います。

確かに値引き交渉を上手く進める事でスペーシアを安く買う事は可能です。

しかし、値引き交渉以外にもスペーシアを安く買う方法がある事はご存知でしょうか?

今回は値引き交渉以外でスペーシアを安く買う方法についてお伝えしていきたいと思います。

スポンサードリンク

スペーシアの値引きについて

2018年12月のスペーシアの値引き相場

2018年の12月現在のスペーシアの値引き相場は以下の通りです。

スペーシアの値引き相場
  • 本体値引き価格・・・15万円
  • オプションを含んだ値引き価格・・・19万円

年末年始のセールが出始めてくるので値引きはしやすい時期となっています。

だからと言ってどうせ年始にもセールはやるんでしょ?と思っているかもしれませんが、私としては今月の内に動く事をおすすめします。

今月、見積もりをとっておいて年始になって改めて見積もりをとって比べればいいんですからね。

年末の方が年始よりも値引き額が抑えられているなんて保証はどこにもありませんから今のうちに一度見積もりを取って交渉をしてみて納得ができなければ年度末の決算セールを待つという方法を取るのが良いと思います。

スペーシア 値引きの限界はいくらになる?

スペーシアの値引き限界額

本体値引き限界額(オプションなどを含む)・・・26万円

上記の数字はかなりの幸運にも恵まれての数字ですので中々出ないと思っていただいて結構です。

合格点としてはオプションを含んで20万円値引きできたら十分に合格点だと思っています。

後ほどご紹介しますがライバル車と競合させたりする事で20万円は十分に到達できる数字ですが逆に言うと何も対策をしないとほとんど値引きは期待できないと思って間違いありませんよ。

スポンサードリンク

スペーシアを安く買う方法①下取り車を高く売って資金にする

今まで乗っている車を下取りに出してその資金で新車の代金に充てるという方法。

最もオーソドックスな方法の1つだと思います。

しかし、気を付けてほしいのはディーラーの言い値で下取りをしてはいけないという事です。

新車、ましてや軽自動車の場合、価格が安いのでディーラーサイドにとっても車体価格を大きく値引きをするという事はできないんです。

でも、見栄えのいい値引きができないと中々新車を買ってくれない・・・ならばどうすればいいのかという事で考えられたのが下取りで相場よりも安く買いとる事で値引き分の穴埋めに使うという方法です。

具体的にはどういうことかと言うと、以下の通りです。

ディーラー
スペーシアの値引き価格は15万円になります。

しかし、今まで乗っていた車を下取りに出して頂けたらそれを20万円で下取りしてさらに本体価格も値引きして合計40万円の値引きにいたしますよ。

それじゃ、車本体は20万円の値引きになるんだね?

ならお得だから下取りお願いしようかな

この流れって一見すると私たちユーザーが得をしている様に見えますけど、実際、下取りの車が20万円で買い取られるのって得なんでしょうか?

答えはNOです。

実際、ディーラーの下取り価格ってかなり相場よりも安い事が多いです。

他の業者であれば相場が40万円で買取が可能な車を相場よりも低く下取りをする事で本体を大きく値引きする事ができて、結果的にお得に見せるセールステクニックなんです。

しかし、このテクニックは自分の車の価値を知っていれば防げますよね。

それを知る為の情報が車買取査定サイトなんですね。

車買取査定サイトっていくつかあって私も使ってみたのですが、使いやすかったのは下記の「車査定・買取の窓口」というサイトですね。

⇒車査定・買取の窓口公式サイトはこちら

他のサイトよりもどこが良かったのかと言うと、

  • 1分も満たずに自分の車の最高買取額がわかる
  • 査定料は無料
  • しつこい営業電話がなく,電話は1社だけ

特に良かったのは電話が1社だけという事ですね。

他のサイトだと「最大10社からオークション形式で競ってくれる」なんてサイトに書いてあって実際、その通りなんですけどひっきりなしに電話がかかってきてちょっと面倒くさいなと感じる事がありました。

その経験から1社だけしかかかってこないなら使ってみるかなと思って使ってみたらしつこく色んな業者から電話がある事もなかったし、買取額も満足いくものでした。

それに買取額がわかれば値引き材料にも使えるのでとりあえず査定を出してもらっておけば後で色んな所で使えるのでやっておいた方がいいですよ。

⇒車査定・買取の窓口公式サイトで愛車の買取額をチェックする

スペーシアを下取りなしで値引きするには

下取り車を売るという方法は有効なのは間違いないですが、下取り車がないという方もいると思います。

だとすると、値引き交渉は欠かせません。

そもそも軽自動車の場合、普通自動車と違って価格が安いですから大幅な値引きは見込めません。

なので、商談は基本的に1つの販売店で2回交渉をするという考えで臨むべきだと考えています。

やる事は1回目で試乗+初回見積もり⇒2回目で契約という流れですね。

それ以上やっても手間ばかりかかって、その割には値引きされないですから時間のムダです。

値引きのコツは2つ。

  • ライバル車と競合させる
  • 販売店を変える

具体的に解説していきます。

スペーシア 値引き交渉のコツ①ライバル車と競合させる

スペーシアに限った話ではないですが、似たようなライバル車というのが必ず存在します。

スペーシアの場合は以下の車がライバルと言えます。

  • ダイハツ・タント
  • ダイハツ・ムーブ
  • ホンダ・N-BOX
  • スズキ・ワゴンR
  • マツダ・フレアワゴン

これらの車はライバル車ではあるものの、燃費や走行性能、安全装備と言った点が少しずつ違うはずです。

更にオプションまで付けるとなると更に違いが出てきます。

なので、あらかじめこれらのライバル車の見積もりをもらっておいて下さい。

そして、価格がほぼ同じでも装備面で違いがあったらその装備について商談をすれば良いわけです。

スペーシアは魅力的なんだけどホンダのN-BOXは似たような安全装備が安く付けられる。正直迷っています。

こんな感じで交渉を進めていく訳です。

他にも車種ごとに色んな違いがあるはずなので違いを挙げて行ってライバル車の方が良い部分があったらそこを材料に交渉を進めていくのが基本となります。

スペーシア 値引き交渉のコツ②販売店を変える

「スズキアリーナ○○」とスズキの名前を用いた販売店ありますよね。

これらはスズキの直営店なのは間違いないのですが、実は運営会社は別なので会社ごとに価格が微妙に違います。

正確にはスペーシア本体の価格が変わるのではなく、会社ごとに値引きポイントが違ってくるので結果として値引き額が微妙に違うんです。

会社が違うんですから当然と言えば当然です。

なので、販売店ごとに見積もりをもらう事をおすすめします。

先程、ご紹介したのはライバル車と競合していましたが、今度は販売店の比較ですから更にわかりやすいハズです。

同じ商品(スペーシア)で比べてどっちが安いかという話になるんですからね。

稀に1県で販売店が1つしかない所もありますがその時は諦めて下さい。

スペーシアの中古車を買う事で購入費用を抑える

「スペーシアの新車を買うには予算がない。」「中古車で良いスペーシアはないかな?」

そんな方も多いと思います。

スペーシアは人気車種の1つなので、販売台数も順調に伸びていますから当然、中古車の数も多くなります。

中古車が多い=質の高い中古車が手に入りやすくなるという事でもあるのでむしろ中古車で買った方が低走行で質の良いにもかかわらず、新車よりも数十万円安く買えるなんて事も珍しくないです。

カラーバリエーションも豊富なので色んな色から選ぶ事もできるでしょうが、とにかく安く買いたいというのであれば以下の様なスペーシアが狙い目です。

  • 修復歴がある
  • 不人気色である
  • 過走行車である

一見すると手を出しにくいな~と思うかもしれませんが修復歴はどこを直したのかがわかってそれが許容できるのであれば問題ないですし、不人気色であってもそれは一般的な感覚であって、自分が好きな色であればむしろ掘り出し物です。

過走行車の場合はしっかりとした整備さえされていればむしろ放置されている低走行車よりも程度が良かったりします。

手放す時の事まで考えて少しでも高く売れる車が良いのであれば修復歴がなくて人気色を選ぶのが良いでしょうが、単純に価格を抑えたい、安く買うにはどうしたらいいのか?という点においては上記の様な条件の車がおすすめです。

スペーシアの新古車を狙う

これも中古車の選び方に近いかもしれません。

しかし、多少走行距離が多くても問題ないと考える方以外に「新車で安く買う方法はないものか?」という方もいると思います。

そういう方は新古車を狙っていくのをおすすめします。

新古車とはディーラー等で試乗車として使われていて新車として販売はできないけど、誰かが買ったものではないという車の事を言います。

メリットは以下の通り。

  • 価格が新車よりも安い
  • ディーラーが扱っているので手入れ、整備がしっかりとしている

ほぼ新車が定価よりも安く手に入るという事もあって私の知人の中にはスペーシアではないのですが、新古車をピンポイントで狙って探している人もいるくらいです。

スペーシアの中古車、新古車を検索してみよう

実際にスペーシアの中古車、新古車を大手中古車サイトのグーネットで調べてみました。

⇒グーネットでスペーシアの中古車、新古車を検索する

検索キーワードを「スペーシア」で調べてみた所、3958件のヒットがありました。(2018年12月時点)

価格帯は29万円~259.8万円とかなり幅広いですがそれだけあれば予算に合った中古車が見つかるのではないのかな?と思います。

できるだけ新しい新車に近いのが欲しいのであれば「新車」と書かれている車を選ぶ事も可能です。

在庫確認も見積もりもネット上で簡単に出してもらえるので上記でお伝えしたような値引き交渉の材料にも使えると思います。

⇒グーネットでスペーシアの中古車、新古車を検索する

掘り出し物の中古車、新古車を買いたいならココしかない

上記のグーネットで見積もりを取るのは私の場合はあくまで値引き交渉の材料の為です。

純粋に中古車が欲しいのであれば私は別の手法を取ります。

それは非公開中古車を狙うという手法です。

中古車サイトは中古車の相場を知るには便利なのですが、全ての中古車が掲載されている訳ではありません。

中古車が欲しい方はみんな「価格を抑えたい」「でも、できるだけ程度の良い中古車が欲しい」という方がほとんどなのではないでしょうか?

私だってそうです。

だからこそ、中古車サイトに出回る前の質の良い中古車をゲットしたいと思っています。

なんで、そんな事を知っているのかと言うと私はズバット車販売を利用して実際に非公開車両を購入した事があるからなんですね。

⇒ズバット車販売で非公開中古車を探す

ここだと普通の中古車サイトよりも便利だったんですが何が便利だったのかと言うと、

  • 非公開車両を紹介してくれる
  • 自分の代わりに車探しのプロが希望に沿った車を探してくれる
  • 入庫時に徹底して点検してくれているので安心して買える

と、自分一人じゃまかないきれない部分を代わりにやってくれるサービスだったのですごく助かりました。

それに中古車を買った後というのは故障とか不具合に悩まされるなんて不安もあったので、有償で10年間の保証と気に入らなかった時の返品OKのサービスも付けてもらいました。

それでも新車を買うよりは断然安上がりでしたけどね。

非公開車両の紹介は無料ですが、本当に長くスペーシアに乗りたい、質の良い車が欲しいという人以外はやらないで下さい。

いつまでこのサービスが続いているのかはわかりませんからね。

⇒ズバット車販売で非公開中古車を探す

車を高く売りませんか?
一括査定の卑劣な爆電…
辛いのにまた使うの?

「新車が欲しいのに給料安いんだね…」
「結局販売店の下取りで済ませるのか…」
「もういい年なんだから頼りにさせてよ…」
「男のロマンって、現実逃避じゃないの?…」
「一括査定だと非人道的な爆発的電話が怖すぎ…」

あなたは至極の裏ワザを知らずに悩み罵られ…
世間や家族にも恐れをなしたまま…ではございませんか?

あなた以外にも同じ悩みを持つ方が多々おられるんですよ…。
しかし、当サイトがあなたの悩みを払拭すると約束します。

ユーカーパックなら電話は本社のみ・査定場所指定OK!
交渉不可が悪いのではなく、そもそも仲介が本社のみなので
高額買取&安全重視なら本当に1番オススメです。

あなたの車がディーラーの下取り額で20万円だとしても
ユーカーパックなら80万円になることもザラにあります。

指定希望額に満たなければキャンセルして頂いて構いません。
私が推すユーカーパックにはそれだけの自信があります。

今すぐご売却を決める必要はないかもしれません…
とは言っても…

あなたの車は時間の経過と共に価値が下がり続ける…。
値下がりする前に、まずはお気軽に無料お申し込み下さい。