新型 デリカの内装 インパネ オプション装備 最新情報まとめ

下取りは必ず一括査定サイトを使いましょう!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では50万円に
なることもあるのです!

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が上がります。

新型デリカD5の内装ってどうなっているのでしょうか?

インパネ回りの使いやすさ、タコメーターの表示、オプションで付いてくる装備等気になる事は色々あります。

そこで今回は

  • 新型デリカの内装の基本装備
  • 新型デリカの内装色
  • 新型デリカのグレード別装備の違い
  • 新型デリカのインパネ回りの装備

についてお伝えしていきます。

【おすすめ記事】
⇒新型デリカの予約状況 納期はどれくらい?

スポンサードリンク

新型デリカの内装 基本装備は高級感あふれる仕様


引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/

新型デリカのインパネの特徴を挙げると水平にデザインされている事です。

デリカはオフロードを走る為の車ですので悪路を走れば車の姿勢は崩れます。

そう言う時でも車体の姿勢をつかみやすい様にできるだけ地面に対して水平になる様にデザインされています。


引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/

シートは2種類でファブリックシートとレザーシートがあります。

ただ、レザーシートの方はオプションとなっていてG-Power PackageとPにオプションとして付いてきて、Gの方はセットオプションとなっています。

シートのデザインはアウトドアを意識したもので力強さと躍動感を演出したそうです。

これに関しては実際に試乗してからでないとわかりませんが、座りやすさや疲れにくさに影響があるのか知りたい所です。


引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/

非常に丁寧なステッチとソフトパッドがある事で高級感を演出。

後述する木目調の内装と合わさって内装だけを見たら普通にクラウンみたいな高級車なんじゃないか?と錯覚するほどではないでしょうか。


引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/

シフトレバーは質感にこだわっていて削りだした様な金属に質感の高いレザーを巻いた様なデザインにしたそうです。

私は車にはどこかしらのスポーツ性を求める性質なのですが、この様に細かい点にスポーティな雰囲気を演出してくれるのは嬉しい仕様です。

実際に運転した時の使い勝手などはまだわかりませんがこれで操作しやすいのであれば文句ありません。

内装色は2色!ベージュとブラックどちらを選ぶ?

内装色は2色となっていてベージュを基調にした色とブラックを基調にした色になっています。

この辺は現行のデリカD5と同じですね。

ただ、スタンダードとアーバンギアで細かい違いがあります。

まずスタンダードはベージュとブラックから内装を選べるのに対してアーバンギアはブラック1色のみです。

また、スタンダードのブラックのインパネの木目調が茶色で形成されているのに対して、アーバンギアのインパネの木目調は青ベースで作られています。

実際に見た方が早いので画像を紹介します。

【スタンダードベージュ】


引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/

【スタンダードブラック】



引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/

【アーバンギア】



引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/

インパネ回りの木目調が高級感を与えていて良い意味でオフローダーっぽくありませんね。

どちらが好きか?と言われたら私はアーバンギアの内装の方が好きではあります。

【おすすめ記事】
⇒三菱自動車 新型デリカはダサい、かっこ悪いと言われるのはなぜ?

スポンサードリンク

新型デリカの内装 グレード別の装備の違い

新型デリカのグレードを改めて見てみましょう。

スタンダード
  • P
  • G-Power Package
  • G
  • M
アーバンギア
  • G-Power Package
  • G

スタンダードは最高グレードがPとなり、アーバンギアはG-Power Packageが最高グレードになります。

基本的にグレードが上がると装備が追加される形になります。

なので、紹介するグレードの装備は下位グレードに加えて更に追加された装備があると思って問題ないです。

スタンダード Mグレード

【16インチタイヤ&アルミホイール】

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/

【マルチLEDヘッドライト】

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/

【電動パーキングブレーキ/ブレーキオートホールド】

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/

タイヤに関しては現行のデリカと変わらず16インチ、種類もマッド&スノーで変わりません。

空気圧などの発表はありませんが恐らく240kPa(2.4kgf/cm2)で変わらないと思います。

電動パーキングブレーキ、ブレーキオートホールドは最近の車には結構ついている車が多いですね。

ブレーキホールドとは一言で言えばブレーキペダルを足から離してもブレーキが継続する機能の事。

アイドリングストップと特に相性が良く、信号待ちでアイドリングストップ中に思わず足から離してしまって発進するつもりがないのにエンジンがかかってしまうなんて事を防げます。

使っている人はすごく使うけど知らない人はトコトン知らない車の機能の1つだったりします。

スタンダード Gグレード

【18インチタイヤ&アルミホイール】

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/

運転席側ワンタッチ電動スライドドア

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/

100V AC電源

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/

【アクセサリーソケット】

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/

グレードが1つ上がっただけでかなりに充実装備。

まず、タイヤが16インチ⇒18インチに大きくなりました。

これにより最低地上高も上がり、悪路走破性も高くなるはずです。

デザインもいかついデザインに変わっていて私は好きですがこの辺は好みがわかれそうです。

私が個人的にありがたいと思ったのが100VのAC電源。

普通の家電と同じようにコンセントが差せるというのはめちゃくちゃ便利です。

他の車だとソケットに専用のアクセサリーを買って使わないといけませんが標準装備でそれがあるというのは地味にありがたいです。

普通に車中泊とかでも役に立つと思いますが災害時の様に緊急時にも役に立つはずです。

スタンダード、アーバンギア G-Power Packageグレード

【運転席パワーシート】

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/

【運転席、助手席シートヒーター】

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/

エレクトリックテールゲート

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/

この辺からは付いていなくてもいいけどあると嬉しい機能という感じで上級グレードらしい装備です。

冬場の車内はめちゃくちゃ寒いですからシートヒーターはありがたい機能ですし、運転席にいながらスライド、リクライニング等ができるパワーシートもある事で下位グレードとは違うぞと思える装備です。

スタンダード Pグレード

ターンランプ付電動格納式リモコンドアミラー

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/

アウタードアハンドル

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/

ルーフビームガーニッシュ

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/

マルチアラウンドモニター/自動防眩ルームミラー

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/

マルチアラウンドモニターが標準装備といういかにも最上級グレードらしい装備ですね。

他のグレードの装備がありつつこの装備が追加されるのは贅沢の一言です。

アーバンギア Gグレード

【18インチタイヤ&アルミホイール】

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/

【LEDフォグランプ】

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/

リヤコンビネーションランプ

引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/

スタンダードと違ってより都会的に洗練されたアーバンギア。

それに伴った装備となっています。

フォグランプもわかりやすいですがタイヤもかなりデザインが変わっていてかっこいいと思います。

エッジの効いたデザインと言いますか・・・。

このホイールはアーバンギア専用との事です。

【おすすめ記事】
⇒新型デリカd5の口コミ評価評判!レビュー最新でディーゼルはどう?

新型デリカのインパネ回りの内装


引用:https://www.mitsubishi-motors.co.jp/lineup/delica_d5/new/

インパネはすっきりとしていてわかりやすいデザインとなっています。

なので、タコメーターとスピードメーターは走行中でも一目見てすぐに情報がわかる事でしょう。

それ以外の中央部のディスプレイにトリップメーター、燃費、走行情報と言った情報を切り替えられる様にできているみたいです。

最近の車はタコメーターがなかったり切り替えだったりするのですが、日常の足として使う車ならそれだけでも問題ないと思います。

しかし、デリカはオフローダーとして使ってナンボの車ですからこうやって1画面で情報が見られるというのは大事です。

それが必要な物が最低限揃っているので安心しました。

新型デリカの内装まとめ

新型デリカの内装についてお伝えしてきましたがいかがでしたでしょうか。

この内装はまだ新型デリカD5の発売前の情報であり、実際に発売されたらまた少し変わって来るなんて事もあると思います。

なので、発売されたら改めて追記するなり、新しく記事を書いたりして紹介していくので発売を楽しみにしていきましょう。

車を高く売りませんか?
一括査定の卑劣な爆電…
辛いのにまた使うの?

「新車が欲しいのに給料安いんだね…」
「結局販売店の下取りで済ませるのか…」
「もういい年なんだから頼りにさせてよ…」
「男のロマンって、現実逃避じゃないの?…」
「一括査定だと非人道的な爆発的電話が怖すぎ…」

あなたは至極の裏ワザを知らずに悩み罵られ…
世間や家族にも恐れをなしたまま…ではございませんか?

あなた以外にも同じ悩みを持つ方が多々おられるんですよ…。
しかし、当サイトがあなたの悩みを払拭すると約束します。

ユーカーパックなら電話は本社のみ・査定場所指定OK!
交渉不可が悪いのではなく、そもそも仲介が本社のみなので
高額買取&安全重視なら本当に1番オススメです。

あなたの車がディーラーの下取り額で20万円だとしても
ユーカーパックなら80万円になることもザラにあります。

指定希望額に満たなければキャンセルして頂いて構いません。
私が推すユーカーパックにはそれだけの自信があります。

今すぐご売却を決める必要はないかもしれません…
とは言っても…

あなたの車は時間の経過と共に価値が下がり続ける…。
値下がりする前に、まずはお気軽に無料お申し込み下さい。