レクサスux 250h Fスポーツの試乗記レポート【動画アリ】

下取りは必ず一括査定サイトを使いましょう!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では50万円に
なることもあるのです!

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が上がります。

レクサスUX250hの試乗記レポートをしていきたいと思います。

レクサスUXが非常に売れている事もあって気になっている方も多いはず。

しかし、同じレクサスUXでも最も売れているのがレクサスUX250h Fスポーツ。

どうせ乗るなら同じのが良いという方も少なくないでしょう。

なので、今回はレクサスUX250h Fスポーツの試乗記レポートをまとめていきたいと思います。

【おすすめ記事】
⇒レクサスux 納期最新情報2019 納期は早まる?遅れの原因

スポンサードリンク

レクサスUX250h Fスポーツの試乗レポート~走行編~

試乗した第一印象はとにかく乗り心地が良いという事。

路面の凸凹を拾ってもそれを感じさせないくらいにゆったりとしていてSUVを運転している感覚ではないです。

レクサスって高級車ですし、それはSUVモデルであるUXでもそれは変わりません。

なので、最初は多少なりともゴツゴツとした固い乗り心地になるのかな?とか思っていたのですが、良い意味で裏切られました。

加速に関しては滑らかな加速という感じ。

良く言えばセダンの様なスムーズな加速、悪く言えば加速が物足りないという印象を受けました。

しかし、これは私の中に「SPORTだから」という先入観があるからこそ起きたのかもしれなくて、普通の車と比べたら良い加速だと思います。

ただ、そこはハイブリッドモデルですから低速度域、つまり30㎞/hまではモーターだけの力でグッと前に押し出してくれる感覚はあります。

そして加速が乗るにつれてエンジンが付いて動力源がエンジンに切り替わるのですがエンジン音が静かすぎていつ点いたのかわからないくらいでした(笑)

ステアリングに関しては結構軽い印象。

他の車で「SPORT」とかを冠した車はキビキビとしたドライビングフィールになりがちですがUX250hはかなり軽い感覚でした。

ステアリングを切った分だけしっかりと曲がるダイレクト感みたいなものはもしかしたらUX200の方がいいかもしれないと思いました。

また、ハイブリッド車の為なのかはわかりませんが、静かです。

アイドリング音とかがあまり聞こえないのでかなりエンジンルームの遮音性が高いみたいです。

たまに走っているとロードノイズみたいなのは少しありましたが、エンジンルームの遮音性が高いが為に気になったのかな?と思えるくらいです。

走りに関係ない所でありがたいなと思ったのがシートヒーターとステアリングヒーター。

寒い冬の時期は車内が温かくても手は寒くてかじかんで上手く動かないなんて事もザラですからこういう細かい気遣いはレクサスならではかと思います。

【おすすめ記事】
⇒レクサスux 色 カラー人気ランキング!

スポンサードリンク

レクサスUX250h Fスポーツの試乗レポート~外装、内装編~

外装の評価

レクサスUX250hのF SPORT。

このモデルが市場で最も出回っているモデルだそうです。

色はホワイトノーヴァだったのですが、思ったよりも白で透き通った白というのが適切です。

F-SPORTの特徴としてグリルがメッシュタイプになっています。

メッキモールは黒系、純粋な黒ではなくてややグレーがかっている感じなのですが、「漆黒メッキモール」と呼ばれているとか呼ばれているみたいです。

ただ、この黒は純白の白を引きしてめているのでイイ感じだと思っています。

サイズに関してはまあ、標準的なSUVなのかなという感じでサイズは4,495㎜×1,840㎜×1,540㎜になります。

立体駐車場(1.55m以下)に入るサイズになるので大きすぎて困るってことはないでしょう。

ただ、全幅はやや広めでレクサスNXと5㎜しか変わりません。

また、下記の画像でわかる通り、サイドに入っているキャラクターラインがかなりくっきりとしています。

結構ビックリするくらいに彫りが深いとでも言うんですかね。

しかし、かなり車のラインがキレイに見えるのでこれはこれでアリだと思います。

タイヤに関しては18インチの欄フラットタイヤを標準装備。

デザインは凡庸かもしれませんがガンメタリックっぽい感じの色が全体を引き締めています。

また、タイヤフェンダーが黒い樹脂のパーツを装備しています。

これがフェンダーなしだったら恐らくこの車はSUVっぽさのない車となっていたでしょう。

それくらいこのタイヤフェンダーは外装のデザインで主張していてSUVさの為に大事なパーツとなっています。

リヤは結構特徴的なデザインしていますね。

左右のコンビネーションランプが繋がっていてあまり見かけるデザインじゃないです。

また、バンパーの所にもダーク塗装のメッキモールが付いていて密度感が高いです。

全体としてはSUVらしく迫力あるデザインになっているのではないでしょうか。

内装の評価

シート

内装はF SPORTはホワイト、フレアレッド、ブラックの3色から選べるようになっています。

個人的におすすめなのがフレアレッドですね。

F SPORTを選ぶ方って多かれ少なかれ車を運転する楽しみとかスポーティさを感じたいという方だと思うんですね。

と、なると白や黒も悪くないのですが最もスポーティさを感じられるのが赤だったんですよ。

白は汚れも目立ちますし、黒だと無難すぎますし・・・。

その点、赤だと差し色としても優秀なので買う際に選ぶなら赤が良いのではないかと思います。

また、F SPORTのシートは専用のスポーツシートとなっていてセミバケットシートというのがしっくりくる感じです。

オプションで本革を選べるようになっていて、24.8万円のオプションです。

アクセルペダル

アクセルペダルはオルガン式。

私はオルガン式のアクセルペダルはあまり好きではないのですが人によってはコチラの方が良いという方もいるでしょう。

ナビ、スタート時の感想

乗り込んでスタートスイッチを押すと「シャラララン」というオープニングサウンドと共にナビ、インパネ回りが起動し、ハイブリッドシステムも一緒に起動します。

ナビは標準装備で、横長の邪魔にならない大きさです。

最近の車にしては結構小さ目です。

タッチパネルではなくてシフトレバー横に操作盤があるのですがスマホの様に扱うので操作で苦になる事はないでしょう。

メーターリング

メーター回りは8インチの液晶で可動式のメーターリング。

手元のボタンでメーターリングを移動させて必要な情報を表示させたりすることができます。

ステアリング、ハンドル

ステアリングのスイッチは左がオーディオ系、右がアダプティブクルーズコントロールやレーンキープのスイッチが集約されています。

また、F SPORTだけの装備でパドルシフトが備わっています。

【おすすめ記事】
⇒レクサスuxで燃費がいいのはハイブリッド?一覧で実燃費を紹介

レクサスUX250h Fスポーツを試乗した他の人の動画

レクサスUXを試乗した方の動画をまとめてみました。

どれも非常に参考になる試乗動画で実際に乗った感覚になれる動画ばかりです。

解説が丁寧だったり、オンボード映像だったりするのを厳選してみました。

時間がなかったり、実際に乗る前に感覚だけでも知っておきたいという方は見ておいて損はないと思いますよ。

【おすすめ記事】
⇒レクサスux 価格予想と判明した価格を発表!納期はどれくらい?

レクサスUX250h Fスポーツの試乗レポートまとめ

レクサスUX250hの試乗について色々とまとめましたがいかがでしたでしょうか。

今回、私がお伝えしたのはあくまで一部の評価、感想だと思っていただけたらと思います。

実際の所、どう感じるのかは人それぞれです。

私が乗り心地が良いと感じていても人によっては「こんなのレクサスじゃない!」って感じる人もいるでしょうからね。

参考になれば幸いです。

車を高く売りませんか?
一括査定の卑劣な爆電…
辛いのにまた使うの?

「新車が欲しいのに給料安いんだね…」
「結局販売店の下取りで済ませるのか…」
「もういい年なんだから頼りにさせてよ…」
「男のロマンって、現実逃避じゃないの?…」
「一括査定だと非人道的な爆発的電話が怖すぎ…」

あなたは至極の裏ワザを知らずに悩み罵られ…
世間や家族にも恐れをなしたまま…ではございませんか?

あなた以外にも同じ悩みを持つ方が多々おられるんですよ…。
しかし、当サイトがあなたの悩みを払拭すると約束します。

ユーカーパックなら電話は本社のみ・査定場所指定OK!
交渉不可が悪いのではなく、そもそも仲介が本社のみなので
高額買取&安全重視なら本当に1番オススメです。

あなたの車がディーラーの下取り額で20万円だとしても
ユーカーパックなら80万円になることもザラにあります。

指定希望額に満たなければキャンセルして頂いて構いません。
私が推すユーカーパックにはそれだけの自信があります。

今すぐご売却を決める必要はないかもしれません…
とは言っても…

あなたの車は時間の経過と共に価値が下がり続ける…。
値下がりする前に、まずはお気軽に無料お申し込み下さい。