マツダ3 アクセラ新型の違い!価格、値段等を考察

下取りは必ず一括査定サイトを使いましょう!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では50万円に
なることもあるのです!

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を
競ってくれるので、
結果的に値段が上がります。

新型マツダ3とアクセラの違いはどうなるのか?

内装、外装、価格(値段)、タイヤ、エンジン等、メスを入れた個所は多いです。

なので、今回はマツダ3と現行のアクセラの間にどのような違いがあるのか現時点でわかっている範囲でお伝えしていきます。

【おすすめ記事】
⇒マツダ3 新型 セダンとハッチバックはどっちがいい

スポンサードリンク

新型マツダ3とアクセラの違い

新型マツダ3が新発売されるにあたって気になるのが現行とのアクセラとの違い。

エクステリアや内装、エンジン、タイヤなど色んな面から比較してみたいと思います。

外装、エクステリアの違い

【マツダ3】

【アクセラ】

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/axela/

パッと見てすぐに気づくのはフロント周り、特にフロントグリルですね。

アクセラが横一直線の模様になっているのに対してマツダ3は網目状のグリルとなっています。

大きさもマツダ3の方が大きくなっていますね。

個人的には横一線のデザインとなっているアクセラの方が好きなんですけど、どちらが性能として上か下かという訳ではないと思います。

単純な好き嫌いでしょうね。

また、アクセラに付いていたフロント下部のフォグランプがマツダ3では無くなっています。

全体のシルエットに関してはマツダ3の方がスタイリッシュになったような気がします。

余計な脂肪を絞った様なデザインをしています。

サイズを比較してみましょう。

マツダ3 アクセラ 
全長 4662mm 4,580mm
全幅 1797mm 1,795mm
全高 1445mm 1,455mm
ホイールベース 2725mm 2,700

セダンでの比較ですが実はアクセラの方が小さいんですよ。

でも与える印象はスタイリッシュになっているので、この辺はデザインが上手いと言えるでしょうね。

ただ、大きさは大きくなっているので運転した時の鳥回しは気を付けなければならないでしょう。

内装、インテリアの違い

【マツダ3】
 
引用:https://www.webcg.net/articles/gallery/39916

【アクセラ】

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/axela/feature/interior/cockpit/

アクセラの内装はとてもシンプルです。

必要な情報を使いやすい所へまとめているのがアクセラと言う感じです。

走行状況はステアリングを中心にしたところへまとめてあり、車内の快適機能や利便状況はセンターにまとめているという状態にしていてドライバーに配慮されています。

シンプルが故に使いやすいですがシンプルすぎるのかなとも思いました。

マツダ3はそんなシンプルなアクセラの内装を良い所を引き継ぎずつ、デザイン面で更にアップデートした様なデザインになっています。

ソフトパッドを上手く使ったデザインをしていて質感がすごく良いのが特徴となっています。

ダッシュボード上部にまでソフトパッドを使っていて内装色が赤の時が最もわかりやすく、アクセラにはないデザインとなっています。

マツダ3の内装の詳細に関してはこちらの記事でお伝えしていますので良かったらそちらも見てみて下さい。

⇒マツダ3 新型の内装 インテリアはかっこいい?評価した

ネット上の評価もかなり高くて「質感が高い」「欧米車に並んだ」と発売前から期待大の内装となっています。

タイヤの違い

タイヤサイズ ホイール
マツダ3 F:205/60R16 R:215/45R18
アクセラ F:205/60R16 R:205/60R16 アルミホイール

マツダ3とアクセラのタイヤサイズを比較するとフロントタイヤは変わりませんが、リアタイヤがマツダ3の方が少し大きくなるという事ですね。

地面に対して平行になるのではなく、少しリアが浮く感じですか。

運転しづらくなるのかなと思うかもしれませんがこの程度の差なら違和感を感じる事はないでしょう。

しかし、なんでリアタイヤが大きいの?と言うと理由はトラクションがよりかかりやすくなるからです。

タイヤが大きくなる=タイヤが太くなるとも言い換えられるます。

タイヤが太くなれば地面をグリップする面積が大きくなる事を意味しますから同じエンジンだったとしても地面に伝わるパワーは変わってきます。

なので、駆動輪のタイヤ(アクセラはFR)を大きくする事で加速が良くなるんですよ。

レースカー等ではよく用いられるカスタムです。

エンジンの違い

今回のマツダ3へのフルモデルチェンジで最も注目されているのがこのエンジンでしょう。

SKYACTIV-Xエンジンです。

引用:https://motor-fan.jp/tech/10006705

アクセラまでのエンジンはガソリン車とディーゼル車の2つだけでしたが、どちらも一長一短でした。

ガソリンエンジンは環境への影響とパワー、ディーゼルエンジンは高トルクと燃費の面で優れていましたが、それ以外の所は相手に一歩劣っていたわけです。

そこへ投入されたのが新型エンジンのSKYACTIV-X。

これまでのガソリンエンジンとディーゼルエンジンの長所を組み合わせたようなエンジンとなっていて、環境にも優しいですし、パワーにも優れ、高トルクによる加速も良く、燃費も良いというスゴイエンジンです。

もちろん、実際にどれくらいの燃費や加速性能になるのかというのは発売されてからでないとわかりませんが、今後のスタンダード技術になりうる可能性を秘めたエンジンだと思います。

【おすすめ記事】
⇒マツダ3 新型の色 カラー 新色は?人気になりそうな色はコレ

スポンサードリンク

マツダ3の価格、値段はどうなる

あと気になるのはマツダ3の価格。

現時点ではまだ価格発表はありませんが恐らく高くなるでしょう。

マツダ3は思い切り高くなる要因がありますからね。

マツダ3が良い車になるのは間違いないでしょうが、結局買うか買わないかはSKYACTIV-Xの価格次第なんて方は多いハズですからね。

ちなみに、ドイツでのマツダ3のベース価格が約60万円上がっているそうなんです。

これが本当だとして日本での価格も同じように上がるとしたら下限価格で大体240万円(?)って感じになりますね。

結構高くなるなぁ(ーー;)

ハイブリッド車の方も現行モデルが250万円~になっている訳ですから320万円になっちゃいますね。

何とかもう少し価格を下げて欲しいのはやまやまなのでマツダさんに頑張って欲しいなと思います。

発表や何か動きがあったらまたこの記事に追記、もしくは新しい記事を投稿していこうと思います。

【おすすめ記事】
⇒マツダ3 新型のエンジンスペック!ハイブリッドのヤバい性能

新型マツダ3とアクセラの違いまとめ

新型マツダ3とアクセラの違いについてまとめましたがいかがでしたでしょうか。

結構あちこち変わりますが最も大きな違いはやはりSKYACTIV-Xエンジン。

今後、マツダの丸本社長は新型SUVを量産すると明言していますし、SKYACTIV-Xを軸に商品展開していく事でしょう。

それだけにマツダ3の完成度が今後の車の質を物語るでしょうから期待しています。

車を高く売りませんか?
一括査定の卑劣な爆電…
辛いのにまた使うの?

「新車が欲しいのに給料安いんだね…」
「結局販売店の下取りで済ませるのか…」
「もういい年なんだから頼りにさせてよ…」
「男のロマンって、現実逃避じゃないの?…」
「一括査定だと非人道的な爆発的電話が怖すぎ…」

あなたは至極の裏ワザを知らずに悩み罵られ…
世間や家族にも恐れをなしたまま…ではございませんか?

あなた以外にも同じ悩みを持つ方が多々おられるんですよ…。
しかし、当サイトがあなたの悩みを払拭すると約束します。

ユーカーパックなら電話は本社のみ・査定場所指定OK!
交渉不可が悪いのではなく、そもそも仲介が本社のみなので
高額買取&安全重視なら本当に1番オススメです。

あなたの車がディーラーの下取り額で20万円だとしても
ユーカーパックなら80万円になることもザラにあります。

指定希望額に満たなければキャンセルして頂いて構いません。
私が推すユーカーパックにはそれだけの自信があります。

今すぐご売却を決める必要はないかもしれません…
とは言っても…

あなたの車は時間の経過と共に価値が下がり続ける…。
値下がりする前に、まずはお気軽に無料お申し込み下さい。